夏スイーツは「ヴェリーヌ」

「ヴェリーヌ」とは、いまやすっかりお馴染み、グラスデザートのフランスでの呼び名です。ヴェリーヌはフランス語の造語で、ヴェリーヌ(verrine)=ヴェール(verre:グラス)+テリーヌ(terrine)を組み合わせた言葉です。
透明なグラスやカップ容器の中に、ムースやジュレのような食材を層にして入れたものの総称で、日本でもフレンチレストランの前菜やデザートとして登場し始めています。
パリでは、街中の多くのパティスリーでヴェリーヌのスイーツを見かけるそうで、ヴェリーヌを置いていないお店はトレンディでないと言われるほど、トレンドスイーツとして親しまれているそうです。

プランタン銀座

プランタン銀座では、この<ヴェリーヌ>を夏のイチオシスイーツとして6月1日から大特集しています。
「プラ地下」の愛称で親しまれている、本館地下2階フーズフロアの10ショップと本館1Fの『サロン・ド・テ アンジェリーナ』の計11ショップに約50種のヴェリーヌが勢揃いします。これからの季節にぴったりなジュレやムースをはじめ、ケーキをそのままグラスに詰めたようなものまでバリエーションも豊富に揃います。
注目は、6月1日にオープンした『very verrine by Patisserie tie(ヴェリー・ヴェリーヌ バイ パティスリー・タァイ)』。下北沢に本店を構え、プラ地下にも焼き菓子を中心にしたショップを展開する『パティスリー・タァイ』がプロデュースするヴェリーヌ専門ショップです。シャンパンやジンジャーを用いたもの、斜めの層に重なったデザイン性の高いもの、飴細工で蓋をした繊細なものなど、シェフ・パティシエの深川大功(ふかがわ ひろよし)氏による芸術的なヴェリーヌが常時10種ほど並びます。

バリエーションも豊富

ヴェリーヌはグラスの特性を生かした色の組合せや層の美しさ、また通常のケーキでは作れない、ゆるい生地と固い生地の組合せなど食感の違いが楽しめます。
ヴェリーヌは、さっぱりとしたジュレはもちろん、ケーキをそのままグラスに詰めたようなものまでバリエーションも豊富に揃っています。
男性からも「甘さ控えめなものもあるし、色々選べるのが楽しいね」と好評です。また、お土産に持っていったも喜ばれそうです。

スポンサードリンク

目で味わえるスイーツ

プラ地下の各ショップでは、様々な工夫を凝らしてヴェリーヌを製作しています。ヴェリーヌは、グラスの特性を活かし、色の違いや層の美しさを“目で味わえる”スイーツなので、手土産にも最適です。見た目はもちろん、通常のケーキでは作れない、ゆるい生地と固い生地の組み合わせなど、食感の違いも楽しめます。是非、スプーンでざっくりグラスの底までひとすくいして召し上がってみてくださいね。